So-net無料ブログ作成
検索選択

電子レンジ考 [家電]

電子レンジ、17年間使ってついにロータリースイッチのエンコーダーがいかれてしまったのか時間とか温度とかが設定できなくなってさすがに買い替えることに。ところがです、17年ぶりに量販店でレンジを見るとどれもデザインがどーもいまいち。Emiriパパにはごてごてと派手にみえてしまうのです。四角くてすっきりしているデザインのものは皆無かなぁ。買い替えようとおもってからかなり長い間古い機種をだましだまし使っていました。以前一応ありだとおもっていたamadanaのレンジもなくなっているし、無印の現在のタイプはちょっとシンプル過ぎる印象。そんな中で目に留まったのが三菱のRG-FS1。以前は何タイプか出していた三菱でしたが現在はこの一機種だけ。それもかなり偏った仕様です。なにより全体のサイズも小さいし庫内もものすごく小さい。キャッチフレーズは「時短」のようですからこれは独身用でとても家族向きではないと判断して一旦は選択肢の外にもれました。しかしどうしても他に見つからない。量販店にいって目に留まるのはぎりぎりこの機種だけ。そこでEmiriパパは考えてみました。割り切れないだろうか。たとえばこれまでのレンジは2段調理が可能だったけど果たして17年間で2段調理をしたことは数えるほどではないか。最近のレンジはスチーム機能が売りのようだけどそれもそんなに何回も使うだろうか。料理は火でやるので電子レンジを中心にたまにオーブン機能がついていればよいのではないか。それだったらこのサイズでも十分なのでは。17年のレンジの進化は凄まじく昔懐かしのターンテーブルがいまはない。そうすると庫内容量はこれまでの半分くらいだけどターンテーブルがない分そこまで狭いわけでもない。2段調理とかスチームとかを割り切ればこれでなんとかなるのではないかと考えました。そうするとサイズは小さいわけなので、ラックにぎっちりとおさめている我家としては小さいと空間がうまれてなおよいことになります。最後の判断材料として、我家にあるレンジやオーブンで使いそうな大きな器が入ることをサイズで確認。もっとも大きなグラタン皿やシフォンケーキの型もぎりぎり入りことがわかって購入を決意しました。
写真のようにラックにきっちり。前のレンジより高さが低くなった分そこに一段Electerを入れてランチョンプレート置き場にしました。また表面が真っ黒でソリッドな印象なのでとてもすっきり収まりました。照明もわりかしほんわかと点灯するのできれいです。デザイン的にはこれでなんとかクリアです。ぴったりのやつがみつかってよかったぁ。

20130222-c521faa111102eac.jpg


20120715-fe7b02e3ab898938.jpg
ラック全体はこんな感じ



さてこの機種ですが、とにかく個性的でやたらと小さくて何も機能がない(スチームとかもない、時短とかいうコンセプトもよくわからない)にも関わらず極めてお値段が高いです。現在の売値は8万円近い。半分もだせばもっと大きくて高性能な最新のオーブンレンジだって買えます。そこまでしてこの機種を選ぶ人はよっぽでスペースがないか、デザイんでやむなくってところだと思います(メーカーのキャッチコピーの時短で買うひとはまずいないと思うので小ささへの割り切り(ほんとうに2段とかスチームとか必要ですか?)を売りにすればよかったのにと思います)。そして肝心の性能ですが、これまた実に不可思議です。お値段もかなり高いにも関わらず基本性能は良くない部類だと思います。お任せセンサーで暖めやると3回に1回は失敗します。部分的に熱すぎて水分が飛んでパサパサになっているところがあるかと思えば下のところはまだ冷凍状態のたこ焼きとかよくできます。高い割には液晶パネルにすごい安いのが使ってあって、我家のようにかなり下の方におくと上の方から液晶を覗くことになってしまうためこの角度では何が表示されているかわかりません。もうちょっとましなディスプレイはなかったのかなぁ。操作性も大変良くないです。◯をモチーフにしたレイアウトになっていますがたんに中心のボタンに回りに配置されているだけで、ロータリースイッチなどと違って回転しながら直接メニューが選べるわけではありません。レンジのメニューはスイッチを一回押すたびに一つ進むという仕様なので、後ろの方のメニューを選ぶには何回も押さなければなりません。おまけにもし間違って通り越したりしてしまうと戻ることができないのでまた最初からです。そうとう使いづらいですね。また取手の上の部分に不要なメッキが施されて、これが無ければなおよかったのに思うのですが、さらに悪いことに簡単に部分的にはげてしまって大変見映えがよくないです。
などなどお値段高い、性能良くない、小さすぎる、操作性悪い、部品安っぽい、とよくないことが勢揃いしていてこのデザインじゃなければ決して買うことはなかったと思います。それでもデザインで買ってしまうひともいるわけですからデザイんの重要性はもうちょっとメーカーもくんでもらってそれで差別化をはかればもっと売れる白モノ家電も作れると思うんですよねー。すくなくともこのレンジをわざわざえらぶひとはかなり筋金いりだと思います。どうぞ検討される方は心してお選び下さい。

RG-FS1は楽天の一番安い店で購入。一時この機種もなくなったので三菱はレンジから撤退したかと思ったら現在はRG-GS1というちょっと型番を買えて再販売。はっきり言って違いがわかりませんがなんとこともあろうに黒色がなくなって白と赤になりました。この表面の仕上げは絶対に黒だと思うのですが、なぜ赤を残して黒を無くしたかこれも疑問です。あと現在は新製品扱いなので8万円近い価格ですが、RG-FS1はヨドバシで最終的に39,800まで下落していました。本来の価値はそんなものかと思います。

ちょっとうんちくが過ぎたかもしれませんが、普通に使う分には大きさと基本機能を割り切れればしっかり使えてますよ。
ヨドバシだと79,800円でしたがAmazonはだいぶこなれているようなのでリンクはっときます。



こちらは旧型。これもまだ手に入るようです。
黒を選ぶならだんぜんこちら。違いは不明なのでわかった方は教えてください。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。