So-net無料ブログ作成
検索選択

テレビ考 [家電]

今日はテレビについて。ブラウン管時代のテレビはインテリアの中で非常に面倒な存在だったと思います。どんなにおしゃれでシンプルなインテリアを目指してもそこにどーんとあのブラウン管が鎮座すると台無しです。よくインテリア雑誌写真でそんな光景を見ました。それがわかるひとは壁の中に埋め込んで隠すか(奥行きがあるので簡単にはできません)、プロジェクターにするか、あるいはもうテレビを置かない見ないっていう選択肢しかありませんでしたね。我が家も社宅時代は(社宅は決しておしゃれでなくてむしろオンボロでしたが)押し入れに14インチのSONYのブラウン管テレビを隠していて、見るときは襖を開けてみるというふうにしてました。今考えるとそれもへんでしたけど。
そんなときまだ液晶テレビの駆け出しの頃ちょうど2000年ころだと思いますがSONYのエアボードの二代目が出たのでこれに飛びつきました。今考えてもこのエアボードはよくできていました。今のタブレットの前身とも言える物で、14インチの液晶、バッテリー内蔵、タッチパネル、Webブラウザ、メール、お絵描きソフトまで入っていました。ベースステーションと液晶部分に分かれていてベースステーションは無線LANの基地局を兼ねていました。これを考えたSONYのエンジニアは相当センスがよかったと思うし、それを製品化した当時にSONYは相当とんがって最先端を行っていたと思います。

20090128-4a66e0b66790dbac.jpg
エアボードを使っていた頃


このテレビのいいところはそれら機能だけでなくてなんといってもインテリアにおいても違和感がないということでした。小さいしそのロケーションフリーというコンセプトでもって好きなところに持って行ってみるというスタイルは非常に洗練されていましたね。我が家では最初のエアボードLF2がほどなく酷使して壊れてマイナーチェンジしたLF3を2008年ころまで使っていました。その間ずっと14inchのこの小さいテレビだけだったのですが狭い家で場所もとらずに本当によかった。エアボードが正常な進化を遂げることができずに消えて行ったのは本当に残念です。今はタブレットでその代用ができなくもありませんがその話はまた別途。
さて地デジが近づきLF3も写りがわるくなりました。なんといっても電子レンジと電波が混信するのでレンジ使用中はテレビが見られないというデメリットもありました。すでに薄型液晶テレビの時代を迎えていましたが今と同じでほとんどのメーカーにインテリアとマッチするようなデザインのものがありません。だからずっとこのエアボードを使い続けましたが遂に壊れてしまいました。床に置けるタイプということでSONYの14インチの小さい液晶を試してみたり、パソコン用のディスプレイにHDMIで出力してみたりしてつないでいましたが最終的にかったのが写真のEIZOのFORIS HDです。

tv.jpg


DT24ZD1_WT.jpg


横からみるとこんな感じ。
しびれるかっこよさ。


ho_foris.jpg
初代はこんな感じでおおくの建築雑誌のインテリアなどで使われていました。

他になかったって事でしょうね。



このテレビはパソコン用ディスプレイでは有名なナナオのEIZOブランドのテレビで初代はフロア型、そしてこのHDが二代目でした。プロダクトデザイナー川崎和男氏のデザインによるもので大変斬新でかっこいい。ただEIZOのよくあることですが相場とかけ離れて高いのです。ずっと気になっていましたがどうもEIZOがテレビから撤退しそうな雰囲気の2010年ころに10万円くらいまで値下がりしたので購入。当時でももう32inchでも5万円くらいで買える時代に27inchに10万以上出してしまいました。それでもこのデザインは捨てがたい。
しばらくはフロア置きでしたが途中から今のようにブックシェルフに入れました。映像は最新のテレビには全然かないませんし、インターネット接続機能なんかもない、とにかく単なるモニターですがEIZOを使っているという満足感があります。
ちなみにEmiriパパはEIZOのファンなのでPCのモニターもずっとEIZOを使っています。3年くらいたって画面の済がちょっと暗くなったので調整をたのんだらすぐに無料で引き取りにきて、その後パネル交換で返ってきました。それも無償修理でした。プロのクリエータが使っていることが多いので修理中の代替えディスプレイを貸し出すサービスもききました(いまあるかは不明)。さすがプロに指示されるEIZOだと思いました。EIZOもFORISというかテレビは縮小しているようですが、いまこそEIZOのような個性的なメーカーに日本のありふれたテレビデザインにかつをいれてもらいたいなと思います。それからエアボードの復活を是非。

現在のFORISは多分一機種だけでデザインもまあ普通です。テレビチューナーも搭載していないようです。Amazonで見るとEIZOでもこんなに安いんだというくらい安いですね。一応リンク貼っときます。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。